Kids photo lumière

一軒家子ども写真撮影ーママフォトグラファーの日常

« 06 »
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

スポンサーサイト

-- / -- / --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*世界にひとつだけの花*

2011 / 11 / 01

10296-20110318-245_convert_20111203160056.jpg



子供がオルゴール作りをしていて何度も聞いているうちに、『世界にひとつだけの花』のメロディーが頭から離れなくなってしまい・・・。
改めて歌詞をじっくり聞いてみたりしました。

自分はほかの人とちがうんだから、比べなくていいんだよ、きみはきみなんだよって、絵本でも歌でも繰り返しいろんなかたちで取り上げられてきたテーマだと思いますが、この歌詞は、わかりやすいですね。
自分だけの花を咲かせるためだけに、一生懸命になればいい。

自分は自分、当たり前のことだけれど、気がつくと人と比べている。
たまに、自分の仕事を精一杯やっている人に、はっとさせられることがあります。宅急便で汗だくで重い荷物を運びながらも、はつらつとして目が輝いている人。診療時間を過ぎてもわんさか詰めかける子供たち相手に、的確にてきぱきと仕事をこなす小児科医の先生。目の前のことを迷いなく自信をもってこなしている人は、どんな場所にいてもどんなことをしていても、輝いています。魅力的だし、人を惹きつける力を持っている。
なかなか評価してはもらえませんが、主婦業だって、りっぱな仕事です。私はこの方面では手抜きばかりで一生懸命やっているとは言えないですが、やっぱり手を抜かずがんばっている人を見ると、すごいと思います。

もっと若い頃は、どんどん大きくなりたかった。若さだったんでしょうけど、なんでもできそうに思えたし、周りの評価もほしかった。他人とちがう自分になりたかった。もともと自分は自分でしかないということに、気づいていなかったのかもしれません。周りも見えていなかったと思う。助けてもらっていながら、感謝の気持ちも足りなかった。子供を育てている中で、気づかされたこともたくさんあります。育てているといいながら、自分も成長させてもらっている、これも貴重な経験ですね。

年を重ねるということは、それだけで、いろいろなものが見えてくるものです。若い頃の自分も、すごくがんばっていたと思う。いろいろな経験もした。でも、今思えば若気の至りの恥ずかしいこともたくさん見えてくる。
だけど、人のせいにしてすませたことはないんじゃないかな。

どんなことでも、自分発が基本。自分の基準で判断し行動に移したことは、自分で責任をとれると思います。ひとに評価されることを考えていたり他力本願では、いつまでたっても本当の満足は得られない。子供にも、そういうことを伝えてあげたいですね。なんでも人のせいにする人間には、なってほしくないな。
いつもいつもは難しいかもしれないけれど、できるだけ、自分に正直に生きること。それを積み重ねていって、本当の自信と生きる力を身につけていってほしい。
他人のどうでもいい価値基準に振り回されないでほしい。
これは、自分にも言い聞かせていることです。

そして、自分だけの花を咲かせてくれれば・・・それが豪華じゃなくても目立たなくても評価されなくても、ちゃんと見てあげられる親でいられたらな、と、今は思います。


被災された方々には、自分発という言葉は厳しいかもしれません。
自分のせいじゃないことを背負わされ、否応無しに試練に立ち向かわされている。震災の日から、運命をねじ曲げられ、大切なものを奪われ、それでもいろいろなものを抱えて生きていかなければならない。
どんなに望んでも震災前には戻れない。本当に残酷なことだと思います。
でも、精一杯生きてほしい。
絶望の底から希望を見いだして、花を咲かせてほしい。無力ながら切に祈ります。





※サイト内の写真の使用及び無断転用を禁じます。





スポンサーサイト

comment

post

管理者にだけ表示を許可する

trackback

http://lumiere65.blog.fc2.com/tb.php/23-bd786e03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

Mihoko

Author:Mihoko
雑誌、カレンダーやポストカード等の撮影の仕事をしていましたが、出産育児で一時中断。子供の入学を機に撮影の仕事を再開、2011年から、JR山手駅から10分の一軒家で子供の撮影を始めました。
やわらかな自然光中心の撮影で、一般のスタジオ撮影ではできない、子供たちの自然な表情を残していきたいと思っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。